本文へ移動

台湾から感謝のマスク1万6000枚 国ワクチン返礼 小松市にも分配

2021年9月16日 05時00分 (9月16日 10時48分更新)
台湾から届いたマスク=小松市役所で

台湾から届いたマスク=小松市役所で

 日本政府が新型コロナウイルスワクチンを送ったお礼として、台湾から寄贈された不織布マスクのうち1万6000枚が、小松市役所に届いた。
 マスクは大人用で、1枚ずつに「いっしょにがんばろう」の文字が入っている。1袋5枚入りで、包装には愛らしい動物のキャラクターのほか、「日本ありがとうございます」と書かれ、外箱には日台の旗があしらわれている。
 市内の小中学校に届け、学校給食調理に携わる職員らに使ってもらう。市の担当者は「大変ありがたい。必要なところで使わせていただく」と感謝している。
 政府は6月、台湾にワクチンを提供。外交窓口である台北駐日経済文化代表処が、送られたワクチンと同数のマスク124万枚を寄贈した。(坂麻有)

関連キーワード

PR情報