本文へ移動

90歳被告「自分なりの償い」 池袋暴走控訴しない意向、16日期限

2021年9月16日 05時00分 (9月16日 05時02分更新)
飯塚幸三被告

飯塚幸三被告

 東京・池袋で二〇一九年四月、暴走した車に母子がはねられて死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われ、東京地裁で禁錮五年の判決を受けた旧通産省工業技術院の元院長飯塚幸三被告(90)が、控訴しない意向であることが分かった。検察側も控訴しないとみられ、控訴期限の十六日を経て実刑判決が確定する見通し。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

社会の新着

記事一覧