本文へ移動

<球心> 福、気まずい被弾

2021年9月16日 05時00分 (9月16日 05時01分更新)
中日−広島 7回表1死一、二塁、正随の打球を見る福。3ランとなる

中日−広島 7回表1死一、二塁、正随の打球を見る福。3ランとなる

 ライナー性の打球が、無情にも左翼フェンスを越える。立ち尽くして見送った福の顔に気まずさが込み上げた。「完璧に打たれた」。2点リードの七回に浴びた逆転3ランは、先発笠原の780日ぶりの白星を吹き飛ばし、チームの6連勝も遠のかせる一発。後続を断ってベンチに戻ると、出迎えた笠原に申し訳なさそうに小さく手を上げた。
 四球と安打を許して1死一、二塁となり、迎えるは正随。ウエスタン・リーグで今季11本塁打を記録し、今カードから3番で先発出場する長距離砲は、前の打席で適時打を放ったばかり。打ち気にはやっているであろう、右打者への初球だった。福がほぼ狙い通りに投じた内角低めの139キロを、思い切りよくすくい上げられた。
 左打者の1、2番との対戦を終え、正随、鈴木誠と右打者が続く打順だった。ブルペンには勝ちパターンの右腕、祖父江も残っていたが、与田監督は「抑えてくれると思って、信じて使っている」と、窮地を左腕に託した。
 766日ぶりの1軍登板に「緊張しました」と一回から汗だくになり、6四球ともがきながらも5回1失点で降板した笠原に白星をプレゼントしたい。6連勝で9連戦を締めくくりたい。そんなストーリー...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報