本文へ移動

照ノ富士が4連勝 大相撲秋場所4日目

2021年9月16日 05時00分 (9月16日 05時01分更新)
豊昇龍(手前)を攻める貴景勝

豊昇龍(手前)を攻める貴景勝

  • 豊昇龍(手前)を攻める貴景勝
  • 宇良(右)が押し出しで千代翔馬を破る
 横綱、大関陣が今場所初めて安泰。新横綱照ノ富士は北勝富士を引き落として4連勝とした。大関陣は休場明けでかど番の貴景勝が豊昇龍をしぶとく突き落とし、ようやく初白星。正代は隆の勝を突き落として3勝目を挙げた。
 新関脇明生は琴ノ若を下手出し投げで退け、五分の星。関脇御嶽海は小結高安を引き落として3勝1敗とした。高安は4連敗。小結逸ノ城は霧馬山に寄り切られて3敗となった。照ノ富士以外の4連勝は平幕の霧馬山、妙義龍、千代の国。

貴景勝、ようやく1勝

 かど番の大関貴景勝は4日目でようやく初日が出た。「毎日準備していることなので。勝ち負けで何事も判断していない」と、淡々と語った。
 首にけがを抱えるが、立ち合いで頭から当たった。突き押しで攻めたが前に出られない。豊昇龍に右差しを許し、苦し紛れの小手投げもかわされる。体が離れて、さらに突っ込んできた相手を左からいなし、なんとか突き落とした。必死の相撲で勝ちに結びつけたものの、持ち味の鋭い出足が鳴りを潜め、相手の出方をうかがいながらの相撲が目立つ。厳しい状況が続く中、「勝ったからどうってことはない。また明日の相撲に集中したい」と気を引き締めた。

宇良、泥くさ...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報