本文へ移動

【中日】前夜の勢いそのままに…堂上豪快2ラン「届いて良かったです」

2021年9月16日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
2回裏2死一塁、堂上が先制2ランを放つ

2回裏2死一塁、堂上が先制2ランを放つ

◇15日 中日3―5広島(バンテリンドームナゴヤ)
 前夜の勢いそのままに堂上が先制アーチを描いた。「スタンドまではどうかなと思ったのですが、届いて良かったです。しっかり振れました」。
 2回2死一塁、先発・玉村の初球だった。見送ればボール球の外角高め139キロ直球にバット一閃(いっせん)。打球は左翼フェンスを越える5号2ランとなった。
 14日の試合では6回の守備で途中出場ながら2打数2安打。自身6年ぶりの5打点と大暴れでチームの今季初の5連勝に大きく貢献した。「次もいい場面で打てるようにしっかり準備していきます」と語っていた背番号63が2戦ぶりのスタメン出場となった試合で一振りで起用に応えた。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ