本文へ移動

【中日】無失点デビューのルーキー森博人「力みまくっていた」反省も…浅尾コーチは「1軍で勝負できる」

2021年9月16日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
9回表に登板する森

9回表に登板する森

◇15日 中日3―5広島(バンテリンドームナゴヤ)
 セットポジションから左足を大きく上げるダイナミックなフォームで力強い直球を投げ込む。ドラフト2位ルーキーの森博人投手が2点を追う9回にプロ初登板。帽子を落とすほど躍動感ある投球で1イニングを与四球1、無失点に抑えた。
 「8回表が終わった時点で『行くぞ』と言われました。その時からめちゃくちゃ緊張しました。帽子が落ちていたのは、力みまくっていた証拠です」
 先頭・西川に粘られフルカウントから四球を与えた。続くは球界を代表する4番・鈴木誠。「とにかく真っすぐで自分のボールを投げようと思いました」。5球目。146キロの直球を三遊間へはじき返された。「気づいたときには周平さんが取っていました」。ダイビングキャッチした三塁・高橋周の二塁封殺で1死一塁。続く坂倉をこの日最速タイの148キロ速球で一ゴロ併殺打に仕留めた。
 ファームでは直球の両サイドへの投げ分けと、カットボールを磨いてきた。カットボールのアドバイスを送った浅尾2軍投手コーチは「総合的に1軍で勝負できると思う。基本的には自分でできる選手なので、バランスなど気づいた細かいことを伝えたくらい」と太鼓判を押す。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ