本文へ移動

主演の内博貴「ハードル上がってる…やめて」共演・藤本隆宏の大絶賛が重圧に?【海の上のピアニスト】

2021年9月16日 04時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 音楽劇「海の上のピアニスト」に主演する俳優の内博貴(35)と共演の藤本隆宏(51)が15日、東京・池袋の東京芸術劇場シアターイーストで公開舞台稽古を行った。
 内は豪華客船の中で生まれて生涯を船の上で過ごした天才ピアニスト、ノヴェチェントを演じ、親友のトランペッター役を藤本が演じる。
 内は「いよいよ始まるなぁという気持ち。このご時世に舞台ができるのは幸せなこと。こういった作品は携わったことがない。いろいろ感じてもらえる不思議な空間。クルージング旅行、船に乗っている気分になれる」と見どころをアピールした。
 藤本は「ノヴェチェントを大好きになる役なんですが、稽古場から内さんを大好きになっちゃって。ドキドキするぐらいステキで。最後の内さんの長台詞もギュッと(見どころが)凝縮されている」などと内を大絶賛。内は「(演技の)ハードルが上がってる。やめてください」と懇願して笑いを誘った。
 役について問われた内は「そんなに難しく考えるタイプではないので、ナチュラルに、台本に忠実に従おうと思っている」とクールに回答した。
 すると、藤本が「最初からノヴェチェントのキャラそのものの孤独なピアニスト。実際にそ...

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ