本文へ移動

LiSA『SAO』新作映画の主題歌担当 新曲タイトルは「往け」

2021年9月15日 19時15分 (9月16日 11時05分更新)
『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア』の主題歌「往け」を歌うLiSA

『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア』の主題歌「往け」を歌うLiSA

 歌手のLiSAが、人気アニメ『ソードアート・オンライン』(SAO)の新作映画『劇場版ソードアート・オンライン -プログレッシブ-星なき夜のアリア』(10月30日公開)の主題歌を担当することが15日、発表された。多くの『SAO』シリーズの曲を歌ってきたLiSAが作詞、YOASOBIのコンポーザーとしても活動するAyaseが作曲を担当した新曲「往け」(読み:ユケ)で、配信シングルとして10月15日からダウンロード&ストリーミング配信がスタートする。
 これは、都内で行われた完成披露IMAX上映会で発表されたもの。LiSAと『SAO』の関係性は深く、初めて『SAO』主題歌を担当したのは、2012年放送の第1期<アインクラッド>編のオープニング「crossing field」で、その後、さまざまな形でシリーズの曲を歌ってきた。そして今回、『SAO』の主題歌を担当するのは、2019年以来、約2年ぶりとなる。
 原作者・川原礫氏がアスナ視点で描く新たな<アインクラッド編>の『劇場版ソードアート・オンラインプログレッシブ星なき夜のアリア』は、小説『ソードアート・オンラインプログレッシブ』が原作で、デスゲームの舞台であるアインクラッド第一層からクリアまでの軌跡を川原礫氏自らが描くリブート・シリーズ。キリトが<黒の剣士>となったエピソードや、《アインクラッド》編では語られなかったエピソードを描く。
 『ソードアート・オンライン』シリーズは、川原礫氏による小説が原作。主人公のキリトが、仮想空間への接続機器によってバーチャルリアリティーを実現した近未来を舞台に、さまざまなオンラインゲームを取り巻く事件に巻き込まれる物語。シリーズ累計2600万部を突破する人気作品で、2012年よりテレビアニメの放送がスタートし、第3期まで放送。2017年には劇場版も公開された。

関連キーワード

PR情報

アニメの新着

記事一覧