本文へ移動

【大相撲】霧馬山、幕内で自身初の初日から4連勝!66キロ重い逸ノ城に食らいついて寄り切り

2021年9月15日 19時58分

このエントリーをはてなブックマークに追加
逸ノ城(右)を攻める霧馬山

逸ノ城(右)を攻める霧馬山

◇15日 大相撲秋場所4日目(両国国技館)
 霧馬山の攻めは本当にしぶとい。まわしを引いて、逸ノ城の懐に頭をつけた。逸ノ城に得意の右を差し許したが、ここは我慢。66キロの体重差をものともせず、食らいついて寄り切り。幕内で自身初の初日から4連勝を決めた。
 「まわしを取って、頭をつけて、それでちょっと落ち着いたっすね」。場所前にコロナに感染し、調整が不十分だった逸ノ城が相手とはいえ、過去2度の対戦では敗れている。上位で通用し始めた霧馬山の成長を感じさせる一番だった。
 25歳。スタミナも十分にある。3日目の高安戦に続いて長い相撲だったが「きのうは右、今日は左(腕)がパンパンだったすけど、我慢してよかったと思います」と白星をかみしめた。
 ジリジリと存在感を示し始めている。八角理事長(元横綱北勝海)は「前に出る力はまだまだ。ただ、相手からすればやりづらい相手になった。そこが成長した」と評価した。
 5日目は全勝同士で迎える照ノ富士戦。初金星獲得へ「(明日は)横綱ですね。自分の相撲を取りたいと思います」と意気込んだ。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ