本文へ移動

ジェイプロジェクトの146キロ右腕に、中日スカウト「力強い球あった」【都市対抗・東海地区2次予選】

2021年9月15日 18時26分

このエントリーをはてなブックマークに追加
3イニングを投げて1失点だったジェイプロジェクトの古屋悠翔投手

3イニングを投げて1失点だったジェイプロジェクトの古屋悠翔投手

◇15日 社会人野球 都市対抗大会東海地区2次予選 ジェイプロジェクト2―1王子(愛知県・岡崎市民球場)
 ジェイプロジェクトの最速146キロ右腕・古屋悠翔(ゆうと)投手(20)は先発で3イニングを1失点。力のある直球で2三振を奪うも2回に3連打で1点を失い「先制点を取られて追う形になってしまった」と反省した。
 ただ、視察に訪れていた中日の近藤スカウトは「ベース板の上で力強いボールが何球かあった」と評し、巨人の木佐貫スカウトも「本来の力からしたら持ち味を出し切れなかった部分もあったかな」とひいき目だった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ