本文へ移動

今平周吾、賞金王のことは「うっすらと頭に入れておく」周囲に流されず…平常心強調【男子ゴルフ】

2021年9月15日 18時16分

このエントリーをはてなブックマークに追加
黒いバックフェースの新ドライバーをテストした今平周吾

黒いバックフェースの新ドライバーをテストした今平周吾

 国内男子ゴルフ、ANAオープンは16日、北海道の札幌GC輪厚Cで開幕する。15日は出場各選手が最後の調整に汗を流した。
 フジサンケイクラシック(2~5日・山梨県の富士桜CC)で今季初優勝し、賞金ランクを6位に上げて3季連続の賞金王にエンジンがかかってきた今平周吾(28)=ダイヤ=だが、本人は「(賞金王争いのことは)うっすらと頭に入れておくくらい。あまり周りを見ず、いつも通りに戦う」と冷静だった。
 その一方で、新ドライバーを意欲的にテスト中。この日もこれまで使っていたモデルと2本をバッグに入れた。「新しい方が距離が出るが、直進性が高いので曲げるのに慣れていない。どちらを試合で使うか、これから決める」と話した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ