本文へ移動

バーミヤン仏頭略奪 タリバン制圧で混乱 保全修復の仏隊の収蔵庫

2021年9月15日 16時00分 (9月15日 16時00分更新)
スマートフォンに送られてきた映像の整理番号と一致するフランス隊が収蔵していた仏頭=ゼマリアライ・タルジ氏提供(共同)

スマートフォンに送られてきた映像の整理番号と一致するフランス隊が収蔵していた仏頭=ゼマリアライ・タルジ氏提供(共同)

  • スマートフォンに送られてきた映像の整理番号と一致するフランス隊が収蔵していた仏頭=ゼマリアライ・タルジ氏提供(共同)
  • 世界遺産バーミヤン遺跡。中央に東大仏があった(共同)
 【イスラマバード=共同】国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産のアフガニスタン中部バーミヤン遺跡で、保存修復に関わるフランス隊の収蔵庫から仏頭などの発掘品が盗まれていたことが分かった。イスラム主義組織タリバンがバーミヤンを制圧した際の混乱に乗じ、何者かが略奪したとみられる。日本チームの倉庫も荒らされたが、被害の有無は確認できていない。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報