本文へ移動

【MLB】大谷翔平は速球を仕留められず2打席連続三振…次回登板は日本時間18日でルース以来103年ぶり偉業再挑戦

2021年9月15日 10時07分

このエントリーをはてなブックマークに追加
大谷翔平(AP)

大谷翔平(AP)

◇14日(日本時間15日)MLB ホワイトソックスーエンゼルス(シカゴ)
 エンゼルスの大谷翔平は敵地のホワイトソックス戦で「2番・DH」でスタメン出場。10日のアストロズ戦で44号を打ったが、ライバルのブルージェイズ・ゲレロが9戦6発の量産して45号とし、本塁打トップの座を明け渡した。
 この日はホワイトソックス先発のジオリトと対戦。その第1打席1回1死走者なしの場面だった。カウント2-2からの7球目。内角のフォーシームをフルスイングしたが、空振り三振に倒れた。第2打席は3回の先頭。カウント2ー2から真ん中低めのフォーシームにバットが出ず今度は見逃し三振に倒れた。
 なお、大谷の次回登板は17日(同18日)の本拠地・アスレチックス戦になることが内定。勝てば1918年レッドソックス時代のベーブ・ルース以来103年ぶりの「2桁勝利&2桁本塁打」を達成する。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ