本文へ移動

住民しめ縄作り 鳥居に取り付け かほく・宇気の保存会

2021年9月15日 05時00分 (9月15日 10時30分更新)
しめ縄をこしらえる住民=かほく市宇気で

しめ縄をこしらえる住民=かほく市宇気で


 かほく市宇気(うけ)の住民有志二十人が、宇気公民館の駐車場で恒例のしめ縄作りをした。宇気区しめ縄保存会と称し毎年春と秋に地元の白山神社のしめ縄を手作りしている。
 住民たちは二時間ほどで大小三本をこしらえ、新品のしめ縄を神社の鳥居などに取り付けた。保存会事務局の藤田禎弘さんによると二十年以上前から続けており、集落の休耕田を利用し、しめ縄用に稲も栽培している。 (島崎勝弘)

関連キーワード

PR情報

石川の新着

記事一覧