本文へ移動

バス停にカエルが見守る木のベンチ 下呂・金山、チェーンソーアートの丹羽さん作製

2021年9月15日 05時00分 (9月15日 11時01分更新)
完成したベンチに座る金森さんと、バス停の横に立つ丹羽さん(左)、杉山さん=下呂市金山町で

完成したベンチに座る金森さんと、バス停の横に立つ丹羽さん(左)、杉山さん=下呂市金山町で

 丸太をチェーンソーで削ってさまざまな形に仕上げる「チェーンソーアート」の全国大会で二度の優勝経験がある丹羽哲士(さとし)さん(28)=関市下之保=が作製した木製のベンチが、下呂市金山町の市バス船野バス停にお目見えした。今まではお年寄りらが、立ったり民家の庭先のブロックに座ったりして、バスを待っていた。丹羽さんは「誰かの役に立つならうれしい」と話す。 (上田千秋)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報