本文へ移動

県内100歳以上 2人増639人 3年連続最多更新

2021年9月15日 05時00分 (9月15日 10時12分更新)

 「敬老の日」を前に県は十四日、県内の百歳以上の高齢者は、昨年より二人増えて六百三十九人になったと発表した。三年連続過去最多を更新した。
 内訳は、男性が八十四人、女性は五百五十五人。人口十万人当たりでは八三・二六人で、都道府県別にみると二十五番目に多い。昨年は二十位だった。県内市町別で最多は福井市の二百二十人で、次いで越前市の六十四人、坂井市の六十三人、鯖江市の五十人、敦賀市の四十九人。十五日時点で百歳以上となる高齢者数を一日時点で集計した。
 本年度で満百歳を迎える人は、昨年より一人少ない三百三十四人。男性が四十五人で女性が二百八十九人。県内最高齢は、百九歳で三月生まれの田中信枝さん=敦賀市。百九歳、百八歳とも二人で、全員女性。男性の最高齢は、百七歳の斎藤多吉さん=鯖江市=だった(県内全体では六位)。
 三年連続過去最多の要因について、県長寿福祉課は「医療と衛生環境が整ってきていることと、高齢者の健康志向の高まりが影響しているのでは」と話していた。
(山口育江)

関連キーワード

PR情報

福井発の新着

記事一覧