本文へ移動

新生銀 買収防衛策検討 対SBIで10月にも臨時株主総会

2021年9月15日 05時00分 (9月15日 05時01分更新)
 新生銀行が、SBIホールディングスからの株式公開買い付け(TOB)に対抗し、買収防衛策を検討していることが分かった。週内にも取締役会で臨時株主総会の開催を決め、買収防衛策を発動するかどうかを諮る。防衛策が決まれば対決色が強まる。臨時総会は十月以降になる見通しで、総会結果を見て対応を決める株主に配慮する必要があるとして、SBIが十月二十五日までに設定したTOB期間の延長を引き出す狙いもある。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報