本文へ移動

【中日】岡田わずか8球で広島打線の中軸封じ「次もしっかり抑えたい」

2021年9月14日 23時09分

このエントリーをはてなブックマークに追加
9回表に登板した岡田

9回表に登板した岡田

◇14日 中日10―1広島(バンテリンドームナゴヤ)
 中日岡田が9点リードの9回、広島打線の中軸を封じた。
 4番の鈴木誠には直球を捉えられたが左飛。坂倉は外角へのスライダーで二ゴロ、代打の長野は初球の直球で中飛に仕留めた。9日の広島戦(マツダ)では1イニング4失点と散々だったが、本拠地ではわずか8球でやり返した。試合を締めた左腕は「次の登板もしっかり抑えたいです」と冷静だった。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ