本文へ移動

中日・松葉、ゲームメイクに徹し4勝目 「序盤に崩れてしまったら意味がない」テンポよくらしさ全開

2021年9月15日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
4勝目を挙げた中日・松葉

4勝目を挙げた中日・松葉

◇14日 中日10―1広島(バンテリンドームナゴヤ)
 小気味よいテンポと安定した制球力でアウトを積み重ねる。松葉が「らしさ」全開の投球で今季4勝目(3敗)を手にした。「点は取られましたけれど、前回同様、自分の持ち味を出してゲームをつくれた」
 初回からストライクを先行させ、リズムを出した。最大のピンチは2点リードの4回。2死一、三塁から会沢に中前適時打を許し、1点差に迫られなおも一、二塁と逆転の走者を背負った。
 「1点勝っている状況だったので、もう一度集中して自分の持ち味が何かを考えて、それを表現することができた」。菊池涼への初球、外角低めのストライクからボールに逃げるチェンジアップで一飛に仕留めた。右打者の内角には食い込むスライダーと逃げていくチェンジアップ。コンビネーションを意識し続けた。
 背伸びしない考えが好投の要因だ。今季は開幕ローテーションをつかみながら、成績が振るわず4月下旬に2軍落ち。結果が出ない中、長いイニングを投げることにこだわらなくなった。
 「柳や、大野(雄)さんや、(小笠原)慎之介のように長いイニングを投げる投手もいますけど、それは本当に力のある投手じゃないと投げられないので。そこを意識して、序盤に崩れてしまったら意味がない。ゲームをつくって中継ぎに任せるのが自分のできること」とゲームメイクに全力を注ぐ。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ