本文へ移動

本田圭佑、新たな所属先はリトアニアAリーガ・スドゥバ 「年俸は言えないですけど、皆さんが思っているより安いかも」

2021年9月14日 21時45分

このエントリーをはてなブックマークに追加
本田圭佑

本田圭佑

 サッカー元日本代表の本田圭佑(35)が14日夜、自身のインスタグラムでライブ配信。新たな所属先をリトアニアリーグ(Aリーガ)で現在首位のスドゥバと発表した。
 夕方に午後9時半から発表すると明かしていた本田は会見場に姿を現し、背番号3の赤いユニホームを持って記念撮影に応じた。その後「バルト3国行ったことなかったけど、オファーをいただいて決めました。決めるまで時間かからなかったですね」と説明。
 その後はチャットを見ながら質問に答えた。「MF乾貴士(C大阪)も聞いているようですけど、俺はもう少し海外で」と話した本田は背番号3について「空いている番号が3番と2桁しかなくて、迷わなかったです。日本代表で4番になるときも、2番と3番を検討していた。そもそも低い番号は好き」「年俸は言えないですけど、生活できるだけのお金をいただいているけど、皆さんが思っているより安いかも」と答えた。
 目標はと聞かれ「(リーグ戦)確か残り10試合くらい。ずっとサッカーしていなかったので、トレーニングだけはしていたけど、時間はかかるかも。試合数分のゴールを目標にします。アゼルバイジャンでは7試合で2点だったので、もう一回(目標で)いきます」と決意を語った。
 本田は石川・星稜高卒業後の2005年、J1名古屋に加入、08年にはオランダのVVVフェンロに移籍、ロシアのCSKAモスクワを経て2014年にはイタリアの名門ACミランに移籍して「10番」を着けた。その後はパチューカ(メキシコ)、メルボルン・ビクトリー(豪州)、フィテッセ(オランダ)、ボタフォゴ(ブラジル)、ネフチ・バクー(アゼルバイジャン)と8カ国9クラブを渡り歩いた(ポルティモネンセ=ポルトガル=は契約に至らず)。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ