本文へ移動

東京の介護施設 子連れ出勤OK お年寄りに笑顔増え 人材確保の後押しも

2021年9月15日 05時00分 (9月15日 05時00分更新)
介護職の子どもを膝の上に乗せる利用者の女性=東京都品川区で

介護職の子どもを膝の上に乗せる利用者の女性=東京都品川区で

 子どもと一緒に出勤できる介護施設がある。介護職員が連れてきた子どもを抱っこしたり、一緒に遊んだりすることで利用者のお年寄りに笑顔が増えて、前向きになる効果が出ている。子どもの保育所探しに苦労する母親にとって、「子連れ出勤OK」の職場は貴重だ。介護現場の人手不足が深刻化する中で、人材確保の後押しにもなっている。 (五十住和樹)
 「おんぶして仕事じゃ大変だから、私が抱っこするよ」。認知症の女性利用者(81)が、生後五カ月の息子を連れた女性職員(31)に歩み寄り、赤ちゃんを抱き上げた。赤ちゃんはうれしそうに笑い、周囲にも笑顔が広がる。職員は「子どもと一緒に働けるのは安心」と目を細めた。
 ここは東京都品川区の地域密着型多機能ホーム「東五反田倶楽部」。運営する社会福祉法人「新生寿会」(岡山県井原市)は、現場の戦力だった職員が出産・育児で辞めていく状況を変えようと、別の施設で十数年前から子連れ出勤の受け入れを始めた。当初「子どものための施設ではない。事故が起きたらどうするのか」と自治体に指摘されたが、厚生労働省の容認を得て継続したという。
 東五反田倶楽部は「地域で最期まで普通に暮らすことを支える...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報