本文へ移動

【中日】大島が広島森下のカーブ捉えタイムリー 京田生還に広島リクエスト失敗で3点目

2021年9月14日 19時37分

このエントリーをはてなブックマークに追加
中日大島が中前適時打を放つ。投手森下

中日大島が中前適時打を放つ。投手森下

◇14日 中日―広島(バンテリンドームナゴヤ)
 中日打線が攻撃の手を緩めず、広島の先発・森下を攻め立てた。2―1で迎えた5回、先頭の京田がこの日3本目の安打(右前打)で出塁すると、2番・高松の三振の際に、相手の暴投で二塁に進んだ。
 ここで3番・大島がカウント2―2からの7球目を中前にはじき返した。二走・京田が本塁にヘッドスライディング。広島からリクエストされたが、京田の左手が一瞬早く本塁をタッチしており、判定覆らず3点目が入った。
 殊勲の大島は「打ったのはカーブ。追い込まれていたけど、うまく対応できた」と誇らしげだった。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ