本文へ移動

【中日2軍】戦線離脱の三ツ俣1カ月ぶり実戦復帰 今季は1軍で自己最多43試合出場

2021年9月14日 19時24分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ウエスタン・リーグのオリックス戦で実戦復帰した三ツ俣

ウエスタン・リーグのオリックス戦で実戦復帰した三ツ俣

◇14日 ウエスタン・リーグ 中日0―4オリックス(延長10回、ナゴヤ球場)
 下肢のコンディション不良で戦線離脱していた三ツ俣大樹内野手(29)が、約1カ月ぶりに実戦復帰した。6回から二塁手として出場し、ボテボテのゴロをダッシュでさばくなど堅実。打撃では9回1死二塁で好機を広げる右前打を放ったほか、他の打席でもファウルで粘るなど持ち味を出した。
 「アウトにするべきゴロはアウトにできたし、打撃も感覚は変わっていない。体は問題ないです」。今季は1軍で自己最多43試合に出場し、いぶし銀の働きをしていた29歳が再昇格へ一歩を踏み出した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ