本文へ移動

[競泳]小関、自己新で五輪決める! ピーティ直伝、重り懸垂トレ効果実感

2020年1月31日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
泳ぎ込む小関也朱篤=長野県東御市で(川村庸介撮影)

泳ぎ込む小関也朱篤=長野県東御市で(川村庸介撮影)

 競泳男子平泳ぎの小関也朱篤(27)=ミキハウス=が30日、長野県東御市で練習を公開し、東京五輪代表が懸かった一発勝負となる4月の日本選手権(東京アクアティクスセンター)へ「自己ベストを出して代表権を取りにいく」と意気込んだ。
 小関は100メートルで日本記録となる58秒78、200メートルで2分7秒18の自己ベストを持つが「57秒台を目指していかないと厳しいと思っている。100と200でどっちもベストだったら万々歳、どっちかは必ずベストを出したい」と見据える。200メートルでは先日の北島康介杯で大学生の佐藤翔馬(東京SC)が2分7秒58を出すなど激戦が予想される。若手の台頭を「頼もしい」と受け止める小関は「2分6秒台を目指している。激戦だが頭一つ抜けられるようになりたい」とベテランとしての意地を見せつける。
 新たなトレーニングとして、100メートル世界記録保持者で昨夏の世界選手権金メダルのピーティ(英国)直伝の重りを体に着けた懸垂も取り入れた。ピーティが40キロの重りで行っているところを25キロ、30キロだというが「えげつないが、楽に速く泳ぐというのが形になってきている」と効果も実感。「オリンピックに向けて覚悟を決めてやっている」という決意を五輪代表、そして本番のメダルという結果で形にする。 (川村庸介)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ