本文へ移動

ネガティブな自分にサヨナラ!山口茜いい方向に考え始め復調に手応え 3月の全英オープンも獲るぞ[バドミントン]

2020年1月31日 15時45分

このエントリーをはてなブックマークに追加
練習でシャトルを追う山口茜

練習でシャトルを追う山口茜

 バドミントン女子シングルス世界ランキング3位の山口茜(22)が31日、所属先の再春館製薬所(熊本県益城町)で練習を公開した。26日にタイ・マスターズで優勝し、半年ぶりのワールドツアー制覇に復調の手応えを感じていた。
 「以前までは思い描くプレーのレベルが高い分、そこそこうまくいったプレーでも『もっとやれたのに』などとネガティブになっていた。そこを考えすぎす、逆にいい方向に考えるという意識でやれたのが良かった」と山口。昨年7月のジャパン・オープン優勝から、腰痛や右ふくらはぎの肉離れなど、けがに悩まされた。思うように動かない身体にいら立ちを感じた時期もあったが、ようやく結果が伴った。
 「体の状態は100%戻っているので、あとは練習を積み重ねてスピードや切れを戻せばいい」とほっとした表情。五輪選考レース最後の主要大会である3月の全英オープンに向け、「タイトルのほしい大会。いけるところまでいきたい」と意気込んだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ