本文へ移動

<セラミックバレー 東濃可児は陶磁器の里>第8部 あこがれのMINO(3)国際陶磁器フェス・グランプリ・銀賞 酒井智也さん=愛知県瀬戸市

2021年9月14日 05時00分 (9月14日 10時56分更新)
銀賞を受賞した「The view」=国際陶磁器フェスティバル美濃実行委員会提供

銀賞を受賞した「The view」=国際陶磁器フェスティバル美濃実行委員会提供

  • 銀賞を受賞した「The view」=国際陶磁器フェスティバル美濃実行委員会提供
  • 自宅兼工房で作陶する酒井さん=愛知県瀬戸市東拝戸町で
 ろくろで作る回転体を中心に多様なパーツを組み合わせたデザイン。そこから表面を豊富な色合いで彩ることで花器の可能性は無限に広がる。国際陶磁器展美濃で銀賞を獲得した愛知県瀬戸市の陶芸作家酒井智也さん(31)の受賞作「The view」。どこかで見たことがあるような既視感を与える形状の器たちは、見る人の記憶からそれぞれの「景色」を呼び起こす。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

PR情報

岐阜の新着

記事一覧