本文へ移動

マンホールふたに特産の赤シソの葉 大治町がカードを2000枚作製

2021年9月14日 05時00分 (9月14日 11時03分更新)
大治町が作製したマンホールカードと実物のふた

大治町が作製したマンホールカードと実物のふた

 大治町は、地元にちなんだ絵柄の下水道マンホールのふたをカードにして、二千枚作製した。ふたは特産の赤シソや、「日本最古の眼科」として知られる明眼院の門の格子を組み合わせたデザイン。新型コロナウイルス感染防止のため、予定していた無料配布は当面見送るが、感染状況が改善してから町公民館などで配る。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報