本文へ移動

お年寄りに感謝の印 福井・どら焼き製造

2021年9月14日 05時00分 (9月14日 10時06分更新)
敬老の日を前に次々と作られる「ありがとう」の焼き印が入ったどら焼き=福井市中央1の村中甘泉堂で

敬老の日を前に次々と作られる「ありがとう」の焼き印が入ったどら焼き=福井市中央1の村中甘泉堂で


 二十日の敬老の日を前に、福井市中央一の「村中甘泉堂」でギフト用のどら焼きの製造がピークを迎えている。十三日も従業員が焼きたての生地に「ありがとう」と書かれた焼きごてを押し、つぶあんと名物の羽二重餅を一個ずつ丁寧に包んでいた。十五日から店頭に並ぶ。
 七、八年前から販売する季節の人気商品。八日から作り始め、十八日までに二万個を製造する。村中洋祐社長(53)は「餅が入ったどら焼きは他にあまりないと思う。感謝の言葉をのせて家族だんらんでいただいてもらえれば」と話した。
 材料の卵、砂糖、小麦粉などが値上がりしているが、価格は据え置き、一個税込み百九十四円、四個入り一箱同七百七十七円。営業時間は午前九時〜午後七時。火曜休。なくなり次第終了。十六日まで電話やオンラインショップで予約を受け付ける。(問)村中甘泉堂=0120(22)4354 (曽根智貴)

関連キーワード

PR情報