本文へ移動

学問、柔道、踊り…同い年19歳に刺激 藤井聡太、最年少三冠

2021年9月14日 05時00分 (9月14日 05時01分更新)
 藤井聡太三冠の偉業に、同い年の若者からは称賛の声が上がる。多くの人が「活躍を励みに」と刺激を受けたようだ。
 名城大(名古屋市天白区)一年の竹内威臣(たけおみ)さん(19)は藤井三冠について「早くから将棋の道一本で行くと決め、努力を続けて結果を出すところがかっこいい」と話す。自身は農学部で環境分野の持続可能性について学んでいるが「本当にやりたいことができているか分からない」と迷うことも。
 「藤井さんには自分の意志を貫く心の強さがある。自分も夢中になれるものを見つけていきたいと思えるようになり、刺激になった」と話した。
 夏休み中に岐阜県多治見市に帰省していた大学一年の安藤凌さん(19)は「世間に注目されるプレッシャーの中で次々と結果を出していてすごい」と驚く。安藤さんも農学部で勉学に励んでおり「藤井さんの活躍を胸に留めて頑張りたい」と感化された様子だった。
 皇学館大(三重県伊勢市)柔道部に所属する一年の...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報