本文へ移動

【岐阜】緊急宣言延長に募る不安 飲食店や土産物店

2021年9月14日 05時00分 (9月14日 05時00分更新)
 新型コロナウイルスの緊急事態宣言の期間が十三日から月末まで延長された。飲食店や土産物店の店主らは遠のく客足を嘆き、収束が見えない状況に市民からは不安の声が漏れた。 (高野正憲、脇阪憲、松沢侑香、柳田瑞季、秋田耕平)
 「これ以上長引くなら、お客さんが店に戻ってきてくれるだろうか」
 先月二十七日に県内に緊急事態宣言が発令されてから休業している岐南町の居酒屋の男性店主(43)は不安を口にする。酒を出せないため完全休業を決断し、収入はゼロ。頼みの協力金も支給が遅れているが「うまくやっていくしかない」と自分に言い聞かせた。
 高山市上三之町の観光地「古い町並み」にある土産店「じゅげむ」の...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

PR情報

岐阜の新着

記事一覧