本文へ移動

【FC東京】紺野が練習試合で194日ぶり実戦復帰 「思った以上に感覚は悪くない」先制点アシスト存在感発揮

2021年9月13日 18時55分

このエントリーをはてなブックマークに追加
復帰後初の実戦に出場したMF紺野=東京・小平グラウンドで(FC東京提供)

復帰後初の実戦に出場したMF紺野=東京・小平グラウンドで(FC東京提供)

 3月に左膝前十字靱帯(じんたい)を損傷し、手術を受けたFC東京のMF紺野和也(24)が13日、東京・小平グラウンドでの練習試合(対戦相手は非公表)で、194日ぶりに実戦復帰を果たした。この日は開始から30分間の限定出場となったが、先制点をアシストするなど存在感を発揮。試合は45分×2本で行われ、FC東京が3―1で勝利した。
 完全復活に向けた試運転は上々だった。見せ場は開始2分に訪れる。左サイドを田川とのワンツーで抜けだし、渡辺凌のゴールをお膳立て。久々の実戦に、紺野は「まだ100%ではないが、自分が思った以上に感覚は悪くない。復帰戦にしてはある程度できた」と安堵(あんど)した。
 負傷したのは3月3日、ルヴァン・カップの徳島戦。当初は最長で全治8カ月の診断だったが、メディカルチームの手厚いサポートと、同じけがから復帰を目指すGK林彰洋(34)の存在も大きかったという。
 「筋力の大切さや緩め方とか、アキ君からいろんなアドバイスをもらった。予想以上に早く復帰できて感謝している」
 リハビリ期間中に受傷前以上の筋力をつけ、両足の筋肉量も左右差はほぼなくなった。「一日でも早く仕上げて、試合に関わって勝利に貢献したい」。完全復活へのカウントダウンが始まった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ