本文へ移動

親を選べない『親ガチャ』表現に理解示すひろゆき「使うの良くないとか…恵まれた人のおごり」

2021年9月13日 14時11分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ひろゆきこと西村博之さん

ひろゆきこと西村博之さん

 2ちゃんねる創設者で「ひろゆき」こと西村博之さん(44)が12日、自身のツイッターを更新。子供にとってどんな親が当たるかは運次第という思考から、若者に広がる現代の言葉「親ガチャ」という表現に理解を示した。
 「親ガチャ」という言葉に、テレビ番組出演者が不快感を示したというネットニュースを引用し「令和2年度は、児童相談所の児童虐待対応件数は20万5029件、過去最多。子供は減ってるのに、児童虐待が増えてるわけです」と切り出した。
 続いて児童虐待が相次ぐ現状と対比させながら「ひどい親がいる現実をほっといて『親ガチャ』という言葉を使うのは良くないとか言ってるのは、恵まれた環境で育った人の驕りだと思うおいらです」と持論を述べ、恵まれない環境にいる子どもの心情を思いやった。
 ネット上ではこの見解に「完全に同意です。ネグレクト児でした」「格差の広がるこの世の中の不平等を強く主張する現代の言葉」と賛同する声の一方で、報告件数が多くなった背景があるとして「『虐待』に対しての思いが強くなっただけでしょう。昔の方が虐待が多いはず」「児童虐待と認定する『幅』が広がったというのも児童虐待が増えた一因」という指摘も。「この世はすべてガチャ」といったコメントもあった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ