本文へ移動

愛着ある神宮球場「さすがに足が震えた」亜大OBの井端弘和さんが侍ユニホームで始球式 【東都大学野球】

2021年9月13日 11時19分

このエントリーをはてなブックマークに追加
東都大学野球の秋季リーグ戦で始球式マウンドに立った井端弘和さん

東都大学野球の秋季リーグ戦で始球式マウンドに立った井端弘和さん

 東都大学野球の秋季リーグ戦が13日、神宮球場で開幕し、始球式のマウンドに、東京五輪で金メダルの侍ジャパンコーチで亜大OBの井端弘和さん(46)が立った。
 「高校(堀越)時代もここで育ったので(中日時代も)ホームより神宮の方がやりやすかったぐらい」という愛着のある球場。背番号82のユニホームでナイスボールを投げ「仕上げてきました」と言いながらも「さすがに足が震えました」と笑った。東都の後輩たちには「4年生は最後の秋なので悔いが残らないようにやってほしい」とエールを送った。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ