本文へ移動

フェルスタッペンにペナルティー 次戦ロシアGPで3グリッド降格に ハミルトンとの接触事故で「過失あり」【F1第14戦イタリアGP】

2021年9月13日 05時33分

このエントリーをはてなブックマークに追加
第1シケインで絡んだフェルスタッペン(右)とハミルトン(AP)

第1シケインで絡んだフェルスタッペン(右)とハミルトン(AP)

◇12日 F1第14戦イタリアGP(モンツァ)
 レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン(オランダ)が次戦ロシアGP(9月26日決勝)で3グリッド降格のペナルティーを科されることになった。イタリアGPの審査委員会による審議で決まった。
 フェルスタッペンは26周目の第1シケインでメルセデスのルイス・ハミルトン(英国)と接触。両者リタイアとなったが、同審査委員会は「接触事故での過失は主にフェルスタッペンにある」と結論できた。
 ハミルトンはタイヤ交換を終えてピットアウトした直後で、ストレートを駆け抜けてアウト側から並んできたフェルスタッペンと絡んだ。フェルスタッペンのマシンに乗り上げられる形でストップし、危機一髪の状況だった。
 フェルスタッペンにはグリッド降格のほか、ペナルティーポイント2点が科された。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ