本文へ移動

お約束の〝シューイ〟も披露!! マクラーレンのリカルドが3年ぶり優勝「誰も予想していなかったよね」【F1第14戦イタリアGP】 

2021年9月13日 00時09分

このエントリーをはてなブックマークに追加
〝シューイ〟を披露したマクラーレンのダニエル・リカルド(AP)

〝シューイ〟を披露したマクラーレンのダニエル・リカルド(AP)

◇12日 F1第14戦イタリアGP(モンツァ)
 マクラーレンのダニエル・リカルド(32)=オーストラリア=が波乱のレースを制し、チームに9年ぶりの勝利をもたらした。
 自身の優勝はレッドブル時代の2018年モナコGP以来で、通算8勝目。表彰台では脱ぎたての靴の中に美酒を注いで飲み干す母国オーストラリアの祝福の儀式「シューイ」を披露した。さらに2位に入ったチームメートのランド・ノリス(英国)とチーム総帥のザク・ブラウン最高経営責任者にも笑顔で強要し、喜びを分かち合った。
 マクラーレンの勝利は2012年最終戦ブラジルGPをジェンソン・バトン(英国)が制して以来で、チームのワンツーフィニッシュも2010年カナダGP以来、11年ぶり。レース後の公式インタビューでも「ワオ、文字通りにスタートからフィニッシュまでレースをリードできるなんて…。こんなこと誰も予想していなかったよね」と興奮しまくった。
 決勝では2番グリッドからホールショットを決め、トップを奪取。レースの主導権を握った。レース中盤にはレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン(オランダ)とメルセデスのルイス・ハミルトン(英国)が交錯して両者リタイアするなど波乱の展開も味方につけた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ