本文へ移動

マクラーレンが9年ぶり勝利 リカルドが波乱のレース制す フェルスタッペンとハミルトンは両者接触&リタイア【F1第14戦イタリアGP】

2021年9月12日 23時19分

このエントリーをはてなブックマークに追加
スタートでトップを奪ったマクラーレンのダニエル・リカルド(AP)

スタートでトップを奪ったマクラーレンのダニエル・リカルド(AP)

◇12日 F1第14戦イタリアGP決勝(モンツァ)
 マクラーレンが9年ぶりに優勝を飾った。ダニエル・リカルド(オーストラリア)が2番グリッドから好スタートを決め、1周目にトップを奪取。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン(オランダ)がレース中盤にメルセデスのルイス・ハミルトン(英国)と絡んで両者リタイアとなる波乱も味方に付け、レースを最後までリードした。
 マクラーレンの勝利は2012年の最終戦ブラジルGPをジェンソン・バトン(英国)が制して以来。リカルドにとってはレッドブルに所属していた2018年モナコGP以来の勝利で、通算8勝目。チームメートのランド・ノリス(英国)も2位に入り、マクラーレンが2010年カナダGP以来のワンツーフィニッシュを果たした。
 3位はメルセデスのバルテリ・ボッタス(フィンランド)。5位にはレッドブル・ホンダのセルジオ・ペレス(メキシコ)が食い込んだが、アルファタウリの角田裕毅がマシントラブルでフォーメーションラップ開始直前に出走を断念。同僚ピエール・ガスリー(フランス)も序盤でリタイアするなどホンダ勢3台が姿を消す大波乱となった。
 ハミルトンは2018年のオーストリアGP以来、3年ぶりのリタイア。ポイントリーダーのフェルスタッペンは11日のスプリント予選レースで2位に入り、2点を加算。ランキング2位のハミルトンとの差は5点となった。
◆F1第14戦イタリアGP決勝暫定結果
1・ダニエル・リカルド(マクラーレン)
2・ランド・ノリス(マクラーレン)
3・バルテリ・ボッタス(メルセデス)
4・シャルル・ルクレール(フェラーリ)
5・セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
6・カルロス・サインツ(フェラーリ)
7・ランス・ストロール(アストンマーティン)
8・フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)
9・ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)
10・エステバン・オコン(アルピーヌ)
11・ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)
12・セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)
13・アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)
14・ロベルト・クビサ(アルファロメオ)
15・ミック・シューマッハー(ハース)
リタイア・ニキータ・マゼピン(ハース)
リタイア・ルイス・ハミルトン(メルセデス)
リタイア・マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
リタイア・ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
スタートせず・角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ