本文へ移動

【DeNA】3年ぶり1軍登板 プロ14年目の田中健 三浦監督がねぎらう

2021年9月12日 21時58分

このエントリーをはてなブックマークに追加
3年ぶりに1軍で登板した田中健(右)をねぎらうDeNA・三浦監督

3年ぶりに1軍で登板した田中健(右)をねぎらうDeNA・三浦監督

◇12日 DeNA8―1阪神(横浜)
 プロ14年目の左腕・田中健が2018年9月16日の阪神戦以来3年ぶりに1軍の公式戦に登板した。
 07年に常葉学園菊川高(静岡)で春の甲子園優勝投手になり、08年ドラフト1巡目で横浜に入団。中継ぎで活躍したが19年8月に左肘内惻側副靱帯(じんたい)再建手術を受け、20年から育成に。リハビリを経て今年6月に支配下に戻った。
 9回2死から登板すると本拠地・ハマスタは拍手の渦。田中健は「ほっとしています。これからも自分の持ち味である強気で押していくピッチングをしていきたい」と汗をぬぐった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ