本文へ移動

【DeNA】今永8イニング1失点で4勝目 阪神近本には3安打浴びたが計11奪三振の力投

2021年9月12日 20時17分

このエントリーをはてなブックマークに追加
DeNA・今永

DeNA・今永

◇12日 DeNA8―1阪神(横浜)
 DeNAの先発・今永昇太投手(28)が変幻自在の投球で8イニングを6安打1失点に抑え、今季4勝目(4敗)を挙げた。伸びのあるストレートとチェンジアップを軸に11三振を奪う力投だった。
 「調子自体は悪くないのでいい感覚を継続することと、ブルペンでも状態は良かったので特に何かを変えることなく調整しました」。前回・中日戦(5日・バンテリン)で7イニング無失点。勝ち星は付かなかった復調気配で、阪神戦に向けても「上位のチームを倒さなければ浮上できないと思っている。チームもいい流れなので、後半戦自分自身の初勝利のためにも頑張ります」と意気込んでいた。
 警戒していた近本には3安打を浴びたが、それでも初回のマルテの内野安打による1失点にしのいだ。「しっかり勝って横浜スタジアムで今シーズン初めてのお立ち台に上がれるよう頑張る」との言葉通りヒーローインタビューに呼ばれ、満面の笑みだった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ