本文へ移動

【WEリーグ】三菱重工浦和が”女王対決”制し開幕戦白星 菅沢&塩越の東京五輪代表コンビが躍動

2021年9月12日 17時19分

このエントリーをはてなブックマークに追加
塩越柚歩

塩越柚歩

◇12日 サッカー女子 WEリーグ第1節 日テレ東京ベレーザ1―2三菱重工浦和レッズレディース(味の素フィールド西が丘)
 日本初の女子プロサッカーリーグ「WEリーグ」が12日、各地で開幕した。昨季なでしこリーグ女王の三菱重工浦和レッズレディースは、昨季皇后杯覇者の日テレ東京ベレーザに2―1で逆転勝ち。後半4分、東京五輪代表FW菅沢優衣香(30)の右足ボレーで同点に追いつくと、後半43分には同MF塩越柚歩(ゆずほ、23)が得意の右足で豪快に決勝ゴールを突き刺し、歴史的な初勝利を飾った。
 菅沢は「日本で女子サッカーが根付く環境になるには面白いサッカーをすることが大事」と語り、塩越も「歴史に残る日になるんだと思い、いろんな人の思いを背負って今日の試合を迎えた。諦めないプレー、感動するプレー、面白いプレーを続けていかないといけない」と白星発進にも浮かれた様子はなかった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ