本文へ移動

「ゆりの里」秋の装い 春江ポーチュラカ見ごろ

2021年9月12日 05時00分 (9月12日 10時33分更新)
愛らしい花を一面に咲かせ、来園者の目を楽しませるポーチュラカ=11日、坂井市のゆりの里公園で(蓮覚寺宏絵撮影)

愛らしい花を一面に咲かせ、来園者の目を楽しませるポーチュラカ=11日、坂井市のゆりの里公園で(蓮覚寺宏絵撮影)

 坂井市春江町の「ゆりの里公園」でポーチュラカが見ごろを迎えた。好天となった十一日には家族連れらが次々に訪れ、華やかなお花畑を背にスマートフォンで自撮りしていた。
 同公園では七月中旬に六区画、計千二百平方メートルの畑とプランターに一万二千本の苗を植えた。黄、赤、オレンジ、白、ピンク、白の中にピンクが混じった絞りの六色で、富田真一所長は「ユリが終わった後の公園を彩ってくれる花」と言う。
 富田所長によると、雨や曇りの日は花が開かないのできれいに見えず、晴天の日の午前十時から午後三時ごろまでが一番楽しめるという。この日は青空の下、小さな花がきれいに咲きそろい、畑一面がじゅうたんを思わせるような美しさとなった。ポーチュラカの見ごろは今月いっぱいという。 (松田士郎)

関連キーワード

PR情報