本文へ移動

【松阪競輪・蒲生氏郷杯王座競輪】最終日展望、関東3車で戦える平原康多が有利か

2021年9月11日 20時55分

このエントリーをはてなブックマークに追加
平原康多

平原康多

◇11日 三重県・松阪競輪・G3「蒲生氏郷杯王座競輪」
 松阪競輪の「開設71周年記念 蒲生氏郷杯王座競輪」(G3)は最終日の12日、12Rで決勝を行う。今シリーズ参加のS級S班4人と中部のエース浅井康太は順当に準決勝を突破。ハイレベルで熱い争いになることは必至だ。平原康多(39)=埼玉=は同県後輩の宿口陽一に前を任せ、関東3車で戦えるのは有利。ただ、好調な清水裕友、着実に本来の動きを取り戻しつつある郡司浩平、地元の意地を見せたい浅井も優勝を狙える存在だ。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ