本文へ移動

1打差2位に急浮上の稲見萌寧、国内メジャー初Vへ「明日は笑って終われるように」【女子ゴルフ】

2021年9月11日 20時10分

このエントリーをはてなブックマークに追加
第3日、17番でティーショットを放つ稲見萌寧

第3日、17番でティーショットを放つ稲見萌寧

◇11日 女子ゴルフ 日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯第3日(茨城県常陸大宮市・静ヒルズCC)
 稲見萌寧(22)=都築電気=が8バーディー、1ボギー、ベストスコア65で、前日の10位から1打差2位へ急浮上した。
 「結構ショットが近くについてくれたり、バーディーチャンスが多い一日でした」と稲見。別に驚くほどのことはない、と言わんばかりの冷静さを見せて、国内メジャー初制覇のチャンスを迎えた。「優勝したいという思いは誰にでもある。その辺をどう自分でうまくコントロールするかが大事。明日はミスしても何しても笑って終われるようにしたいと思う」と語った。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ