本文へ移動

5球団スカウトの前で中京大150キロ左腕登板 速球やタイミング取りづらさに評価【大学野球】

2021年9月11日 19時41分

このエントリーをはてなブックマークに追加
プロ志望届を提出した中京大の伊藤稜投手

プロ志望届を提出した中京大の伊藤稜投手

◇11日 愛知大学野球秋季リーグ第2週 中京大1―4名城大(名古屋市・パロマ瑞穂)
 中京大の最速150キロ左腕の伊藤稜投手(4年・中京大中京)が7回から登板した。先頭から2者連続で直球で三振を奪うも、8回に2死満塁から3点二塁打を浴びて2イニングで3失点。「絶対に抑えないといけない場面。悔しい」と唇をかむも、持ち前の力強い直球を披露した。
 この日は5球団のスカウトが見守った。ヤクルトの中西スカウトは「左でスピードボールを投げられる」と評価。オリックスの下山スカウトは「テークバックも小さく、打者はタイミングが取りづらい」とうなずいた。
 試合後には10日にプロ志望届を提出したことを明かした左腕。あこがれは元中日の岩瀬仁紀さんのような抑え投手。「まずは大学でリーグ優勝に貢献してプロにいきたい」と誓った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ