本文へ移動

「ファンタスティック」大迫の東京マラソンを称賛したジュリアンコーチこれからは「タイムではなく順位、優勝を意識している」

2020年3月2日 20時03分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ジュリアンコーチ(左)と大迫

ジュリアンコーチ(左)と大迫

 東京マラソンで日本新記録の2時間5分29秒で日本人最高の4位に入った大迫傑(28)を指導するピート・ジュリアンコーチも一夜明けた2日、取材に応じ大迫の東京マラソンを「ファンタスティック」と称賛。
 大迫の渡米当時の第一印象を「英語を話せず幼い家族を抱え、若いなか米国に渡ってきた。批判もあったかもしれないが日本の陸上界のために決断したと思っている」と振り返り、今後の可能性については「傑とはタイムについては一切話さない。全てタイムではなく順位、優勝を意識している」と勝負重視の観点を明かした。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ