本文へ移動

今度は野球…新型コロナウイルスの影響で台湾の東京五輪最終予選が延期 4月予定が6月に

2020年3月2日 20時14分

このエントリーをはてなブックマークに追加
東京五輪の野球・ソフトボール会場のひとつ、横浜スタジアム

東京五輪の野球・ソフトボール会場のひとつ、横浜スタジアム

 世界野球ソフトボール連盟は2日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、4月に台湾で行われる予定だった野球の東京五輪最終予選を6月に延期すると発表した。AP通信によると、台湾の新型コロナウイルス感染者は40人で、死者は1人だという。同ウイルスの影響で、女子サッカー、ボクシング、スケートボードなど複数競技の東京五輪予選で延期、会場変更が続いている。
 最終予選には台湾、中国、オーストラリア、オランダと、今月に米アリゾナ州で行われる米大陸予選の2、3位チームを加えた6チームが出場。当初は4月1~5日まで台中などで行われる予定だったが、6月17~21日に延期された。
 東京五輪の野球の出場枠は6で、すでに開催国の日本、欧州・アフリカ予選を勝ち抜いたイスラエル、プレミア12で出場権を獲得した韓国とメキシコの出場が決定。残り2枠は、米大陸予選と最終予選で決まる。
 東京五輪の野球は、7月29日から8月2日まで、福島県営あづま球場と横浜スタジアムで行われる。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ