本文へ移動

角田裕毅は予選17番手「ミスしてしまって残念」痛恨の〝4脱〟でベストタイム抹消 11日は今季2回目のスプリント予選【F1第14戦イタリアGP】

2021年9月11日 08時46分

このエントリーをはてなブックマークに追加
アルファタウリ・ホンダの角田裕毅(ホンダ提供)

アルファタウリ・ホンダの角田裕毅(ホンダ提供)

◇10日 F1第14戦イタリアGP予選(モンツァ)
 F1第14戦イタリアGPは10日、レース形式のスプリント予選レースのスターティンググリッドを決める公式予選が行われ、アルファタウリ・ホンダの角田裕毅(21)は第1ラウンドのQ1で敗退し、17番手タイムだった。
 来季のチーム残留が決まったばかりで気合も入っていたが、最終アタックでトラックリミット違反(コース外走行)の裁定が下され、ベストタイムが抹消となってしまい、「本当に残念でしたが、仕方ないことです。トラックリミットは誰にとっても同じ条件なので、そこでミスをしてしまったことが残念」と悔しがった。
 11日はイギリスGPに次いで今季2回目となるスプリント予選(18周)が実施され、12日に行われる決勝のスターティンググリッドを争う。
 他のホンダ勢は最終ラウンドのQ3に進み、レッドブルのマックス・フェルスタッペン(オランダ)が3番手、アルファタウリのピエール・ガスリー(フランス)が6番手、レッドブルのセルジオ・ペレス(メキシコ)が9番手だった。
 予選トップタイムはメルセデスのバルテリ・ボッタス(フィンランド)。2番手にはチームメートのルイス・ハミルトン(英国)がつけた。スプリント予選は試験的に実施されている新たな予選方式で、正式記録としてポールポジション回数は10日の公式予選の結果ではなく、スプリント予選の順位が反映される。
◆F1第14戦イタリアGP予選結果
1・バルテリ・ボッタス(メルセデス)
2・ルイス・ハミルトン(メルセデス)
3・マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
4・ランド・ノリス(マクラーレン)
5・ダニエル・リカルド(マクラーレン)
6・ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
7・カルロス・サインツ(フェラーリ)
8・シャルル・ルクレール(フェラーリ)
9・セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
10・アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)
(以上Q3進出)
11・セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)
12・ランス・ストロール(アストンマーティン)
13・フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)
14・エステバン・オコン(アルピーヌ)
15・ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)
(以上Q2進出)
16・ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)
17・角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
18・ミック・シューマッハー(ハース)
19・ロベルト・クビサ(アルファロメオ)*
20・ニキータ・マゼピン(ハース)
*代役参戦

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ