本文へ移動

鈴木知事「仕事の責任果たした」 衆院選転出で退任

2021年9月11日 05時00分 (9月13日 17時28分更新)
県職員に拍手で見送られる鈴木知事=県庁で

県職員に拍手で見送られる鈴木知事=県庁で

 次期衆院選への転出を理由に十二日で辞職する鈴木英敬知事が十日、退任会見に臨んだ。三期十年を「決断、実行を繰り返す大きな重圧の日々だったが、今までの人生で最も幸せだった」と振り返り、「ともに歩んでくれた県民の皆さんのおかげ。今後も精進し、全身全霊で恩返ししたい」と述べた。
 「ここに至ってもまだ実感がわかない」と心境を語りつつ、「それぐらい心と体の隅々に染み渡るまで、知事の仕事に打ち込ませていただいた」と充実感を漂わせた。
 任期途中での辞職について「(前回知事選で)『四年間頑張る』と言ったことを守れなかったのは大変申し訳ない」とした一方、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報