本文へ移動

小松縫製 新ブランド 5_2(こまつ)で勝負 第1弾エコバッグ付き財布

2021年9月11日 05時00分 (9月11日 10時22分更新)
自社ブランド「5_2」を立ち上げ、コンパクトなエコバッグ付き財布を発表した嵐真人社長=小松市三谷町で

自社ブランド「5_2」を立ち上げ、コンパクトなエコバッグ付き財布を発表した嵐真人社長=小松市三谷町で

応援サイトで購入可能

 小松市三谷町の縫製会社「小松縫製」が8日、初の自社ブランド「5_2(こまつ)」を立ち上げ、エコバッグ付きの財布を発表した。コロナ禍を機に、相手先ブランドによる生産(OEM)のみだった従来の事業形態から転換を図る。クラウドファンディングサイト「マクアケ」で、応援購入できる。 (井上京佳)
 「TASHINAMU」と名付けた財布は、主にビジネスマン向け。厚さ12ミリの薄さに仕上げ、ワイシャツのポケットに入るサイズにした。カード4枚と小銭、紙幣が収まり、さらに軽量ナイロンを素材にしたエコバッグも備える。バッグは表裏に蛇腹のステッチを入れた形状記憶加工で、瞬時に畳んでしまえるように工夫した。色は黒、紺、カーキの3色展開。
 1986年創業の同社は大手メーカーの注文を受け、葬儀用のフォーマルバッグや土産物の雑貨などを南加賀地域の約100人の内職の手で製造する。昨年はマスクや防護服を手掛けたが、コロナ禍でバッグや土産物の受注は減少すると見込み、独自ブランドの企画に踏み切った。今後も商品を発表し、ウェブサイトも開設する予定。2代目の嵐真人社長(43)は「時代に合った便利な商品を開発したい」と意気込む。
 定価は6800円(税、送料込み)。マクアケで注文を受け付け、11月から順次発送予定。早期注文で割引もある。

関連キーワード

PR情報