本文へ移動

【阪神】近本光司、自己最多の44度目マルチ安打 「次の1点を何としても…」8回には3点差に広げるタイムリー

2021年9月10日 21時56分

このエントリーをはてなブックマークに追加
◇10日 広島1―4阪神戦(マツダスタジアム)
 阪神の近本光司外野手(26)がシーズン自己最多となる44度目のマルチ安打を記録した。初回に左翼線二塁打、2点リードで迎えた8回は2死満塁で左前適時打を放った。
 「打ったのはストレート。次の1点を何としても取りたい場面だったので、チャンスでしっかり仕事をすることができて良かったです」と8回の適時打を振り返った。

 今季の44度の内訳は2安打34度、3安打9度、4安打1度となっている。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ