本文へ移動

【大相撲秋場所・北の富士さん展望】場所前の引退説もささやかれていた白鵬がコロナ禍休場…照ノ富士の独走となるでしょう

2021年9月11日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
奉納土俵入りを披露する横綱照ノ富士(8月24日撮影)

奉納土俵入りを披露する横綱照ノ富士(8月24日撮影)

 名古屋場所が終わったのが7月18日。予定していた北海道行きも結局やめることになった。
 オリンピックが始まると「こんな時にオリンピックなんて」と文句を言いつつ、日本選手の奮戦に拍手喝采。連日のメダルラッシュに大満足。やはりスポーツは良いものであることを再認識した次第です。続くパラリンピックの方も選手たちの不撓(ふとう)不屈の精神力に感動をせずにはいられなかった。まるで奇跡である。
 彼らの努力に比べると相撲取りの稽古なんぞ足元にも及ばない。ほとんど子供の遊びである。おそらく力士たちもテレビでオリンピックを見ていたと思う。そしていかに自分たちの稽古が甘かったと感じたと思う。もし何も感じなかったら救いようのないバカである。12日から秋場所が始まるが、よほど頑張らなければお客さんの感動は得られないだろう。さっそく憎まれ口から始まってしまったが、慣例だから展望といきましょう。
 すでに御承知と思いますが白鵬は部屋にコロナ禍の力士が出たので休場となってしまった。照ノ富士の新横綱の土俵より、ある意味、白鵬の動向の方が気になっていたので休場を聞いて思わず「あっけ」に取られた気持ちです。というのも白鵬の膝の回復が遅れ、どうやら場所前に引退を発表するのではとささやかれていたからです。私も信ぴょう性のある話と思っていた一人です。しかしこれで白鵬引退説はなくなりました。もしかして神様が白鵬にもう一度チャンスをくれたのかもしれません。
 さて新横綱照ノ富士に話題を移しましょう。
 私はまだ照ノ富士の土俵入りを見ていません。無観客でひっそり明治神宮で授与式と土俵入りを行ったようです。何ともさびしい話ではありませんか。最近では稀勢の里の時は2万人近い人が新横綱を見に来たと聞いています。千代の富士の時は怖くなるくらいの人出でした。初日の土俵入りが今から楽しみです。
 どうやら稽古も十分にできたようです。それなら優勝は決まったようなものです。白鵬の休場で照ノ富士の独走となるでしょう。横綱の重圧に負けなければ当分は照ノ富士の時代が続くと思います。とは言っても膝に爆弾を抱えているので絶対というわけにはいきません。「絶対」と「お化け」は出たことがありませんから、念のために二番手だけ挙げときましょう。
 本当は正代と言いたいところだが、勝ち越すのが精いっぱいの大関には絶対無理です。この絶対は自信を持って断言できます。貴景勝も苦しい場所になるでしょう。
 こうなったら清水の舞台から飛び降りる気持ちで御嶽海としましょう。優勝2回の実績がどうしても捨て難く、調子に乗ると2桁の星は挙げるだけのものがある。続いて名前だけでも良かったら高安にも頑張ってもらいたい。それから大関に敬意を表して貴景勝と正代。情けない予想だが、こんなものだろう。とにかく照ノ富士が崩れたら幕内力士全員にチャンスがあるということだ。
 いろいろ書いてはみたが、結局、照ノ富士次第である。だから優勝争いにはさほど興味はない。それより豊昇龍、明生、それに三枚目まで番付を上げてきた宇良に期待をしたい。
 初日、豊昇龍は正代と顔が合っている。たしか内掛けで連勝している。今場所はどんな手が飛び出すか楽しみである。正代は今夜は寝付きが悪いことだろう。
 宇良は宝富士と対戦する。すっかり正攻法の相撲に大変身したようだが、さぞかし苦労したことだろう。炎鵬が十両に落ちてさびしくなったが、今度は宇良が活躍する番が来たようだ。けがをしないで頑張ってもらいたい。
 新十両の北青鵬が休場することになった。残念な休場だが、相手がコロナでは話にならない。
 それでは先程も述べたが、オリンピックの選手たちに負けないような感動的な場所になるよう全力士の健闘を祈る。私も老骨にムチ打って「はやわざ御免」に挑戦しよう。
 今場所は少し厳しくなりそうだが、悪く思わんでもらいたい。それでは15日間よろしくお願いします。(元横綱)
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ